ページの先頭へ

すき家の低糖質 ロカボ牛麺・ロカボ牛ビビン麺が登場!

ロカボとは

1食あたりの適正糖質量20~40g

美味しく食べて健康に!

生活習慣病予防や体に負担をかけないダイエットとして注目を集めている"ロカボ"。一般社団法人 食・楽・健康協会が提唱している「緩やかな糖質制限」のことをいいます。
糖質を1食あたり20~40g、おやつ10g、1日あたり70~130gに制限することにより、糖が中性脂肪として蓄積され肥満や生活習慣病を引き起こしやすくなるといわれる食後の血糖の急上昇を抑える新しい食事方法です。最低必要量の糖質は確保した上で、エネルギー源やからだの構成成分の材料として重要なたんぱく質や脂質はしっかりと摂取するよう推奨されているため、無理なく楽しんで健康なからだづくりを続けることができます。

ロカボの効果

通常のケーキと低糖質ケーキの食後血糖値イメージ

カロリーは同じでも糖質が違う!?

低糖質なロカボ食を食べることは、食後高血糖を抑制する働きがあります。
血糖上昇を抑えるのは生活習慣病のリスクを低減する効果が明らかになってきています。ご自身の健康状態をもとに、糖質を気にされている方や体重のコントロールが必要な方でも美味しく食べていただける、これがロカボ食です。

すき家の新提案

 

プレス発表会

写真

2017年3月28日(火)に、「ロカボ牛麺」・「ロカボ牛ビビン麺」のプレス発表会に、食・楽・健康協会代表理事の山田 悟先生(北里研究所病院 糖尿病センター長)がお越しくださいました。

詳しくはこちら

店舗検索

すき家

今すぐお近くのお店へ

一部お取扱いのない店舗がございます。
店舗検索を使用し、お近くのすき家にぜひご来店ください。

店舗一覧はこちら