店舗検索

すき家のまぐろ丼

すき家のまぐろ丼が新登場!!
ご飯に二種類の醤油と米酢をブレンドした特製だれをかけ、まぐろの切り身とねぎとろの二色盛りでご提供いたします。
さっぱりとしたまぐろ切り身と、濃厚なねぎとろが同時に楽しめる贅沢な一品です。
特製だれとごはん、まぐろ、ねぎとろの相性は抜群です。まずはそのまま召し上がり、お好みで醤油、わさびを足して召し上がりください。
山かけをトッピングすると食欲がないこの時期にピッタリ!!
是非お試しください!!

※鮮度管理上お持ち帰りできません。

<まぐろの歴史と栄養>

まぐろと日本人の歴史は非常に古く、縄文時代(1万6000年〜3000年前頃)には、すでにまぐろを食べていたと言われています。(諸説あります)
古くから日本人に好まれているまぐろの赤身は、タンパク質を多く含む上に低脂肪という特色があります。まぐろのタンパク質には人が体内では合成できない「アミノ酸」(必須アミノ酸)を多く含む良質なもので、さらにビタミン類(B6・B12等)や、鉄分等のミネラル類も含むヘルシーな食材です。
また、あたたかご飯は脳に必要な栄養素(ブドウ糖)を含み、速効性のエネルギーが得られます。
つまり、すき家のまぐろ丼は、まぐろとあたたかご飯が一緒になった、栄養的に優れたヘルシーメニューと言え、「脂肪が気になる!だけど、充実した食事をしたい!」という方にお勧めです。


※写真はイメージです。